バルブ | サニタリーバルブ | ボールバルブ | ステンレス製バルブ・特殊継手の設計・製造メーカー|株式会社コンサス

TOP > 品質とお客さまニーズの追求 > 自社方式制定で確実な禁油洗浄

自社方式制定で確実な禁油洗浄

JIS制定のない禁油洗浄

 禁油に関しては、半導体や食品業界市場でのニーズが高いにもかかわらずJISでの制定はありません。各社独自に行っていますが、例えばバルブ構造の複雑さなどの要素で一概に禁油処理方法を決めるのがむずかしいため禁油洗浄方法に関する取り決めも漠然としたものであるケースが多いようです。

製品ごと、段階ごとの禁油洗浄方法を制定

 コンサスでは、禁油に関するあいまいさをなくすために製品ごとに禁油洗浄の方法を取り決めています。また、禁油洗浄の段階を設定し、使用環境に応じた禁油洗浄をシステム的にご提供することは新しいサービスビジネスだと考え、お客様がニーズに応じた禁油洗浄段階を選択していただけるシステムを設定いたしました。お客様は使用環境に合わせたムダのない禁油洗浄方法をお選びいただくことが可能です。

禁油洗浄の実際

 禁油洗浄の具体的な方法は、まずお客様は使用環境に合わせた指示書を作成し、洗浄要領書の選定から行われます。洗浄要領書には洗浄の方法が具体的に示され、指示書には、処理日時なども記載されますから、トレーサビリティの観点から見ても有効です。洗浄要領書通りに処理が実行された製品はホワイトグローブを使用して正しく洗浄が行われたことが確認された後に出荷されます。

洗浄済み製品の在庫で即納体制

 ニーズの高い製品は、洗浄後、密閉処理された状態での在庫もご用意しています。製品にもよりますが、ご注文からのリードタイムを最短化し、即納も可能です。

.
Pagetop